枝log

とりあえず始めてみたものの・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ubuntu9.10 Karmic Koala のログイン画面の変更

9.10になってログイン方法がユーザー名入力→パスワード入力から

ユーザー名選択→パスワード入力になったのがかなり不満です。

しかも以前のような設定に変更しようとして設定項目を探しても見当たらない。(GUI上では)

しかし変更できないはずはないだろうとググってみたら、すぐでました。

結論から言うと


$ sudo -u gdm gconftool-2 --set --type boolean /apps/gdm/simple-greeter/disable_user_list true

でいける。 ハズなんだが再起動しても変化なし。

もう少しググってみるか。


追記

単なるタイプミスだったorz

EeePC1000HAでUbuntu9.10 Karmic Koala

そろそろ    かな

ということで9.10にアップグレードしてみました。

起動が早くなったとか各パッケージのバージョンが上がった
以外の知識が特にないまま上げたんですが、なんかイマイチ。

まず最初のログインの時点でユーザー名を入力できなくなっているのが不満。
たぶん昔の方法に戻せるはずだが、ぱっと見その方法が見つからないのでさらに不満が募る。

起動も正直9.04の方が早かった気がする。
これはndiswrapperとかpostgreのせいか?なんかメッセージ出てるけど。

もうちょっと待った方がよかったかな?

Ubuntu9.04 Jaunty Jackalopeリリース

起動がかなり早くなったり、全体的に軽くなったりしているらしい。

ぜひ使ってみたいが、これ以上EeePCのパーティション増やすのも気が進まない。

USBメモリにでも入れてみるか・・・
いくら軽くなっているとはいえアクセスが遅いUSBメモリじゃ厳しいだろうけど

EeePC1000HAでDebianlenny 4

せっかくなんでデュアルブートにしてあるDebianでも無線LANを使えるように
してみる。

こんどは「接続が不安定」と言う表記を見かけたのでUbuntuでは試さなかった
madwifiを試してみる。

リポジトリにhttp://eeepc.debian.net/debian lenny main contrib non-freeを追加
してあるせいか、madwifi-modulesが既にsynapticに表示されるのでそのまま
インストールしてみた。madwifi-toolsと共に。
普通はmadwifi-sourceからビルドしなくてはいけないはず。

普通に使える。

SSIDの入力やパスワードはnetworkmanagerのアイコンでできた・・・はず。

EeePC1000HAでUbuntu8.10 3.3

無事に(?)振り出しに戻ったので、今度はndiswrapperを使ってwin用の無線
LANドライバを流用してみる。

懲りずにここを参照。書いてあるのは基本的に端末使ってコマンド打つやり
方です。俺はGUIでやりましたが、コマンドのほうが速いかも。

まずASUSのサイトからwinXP用のドライバをダウンロード。解凍しておく。

synapticでndiswrapper-common ndiswrapper-utils-1.9をインストール。

Ubuntuのメニューからシステム→システム管理→Windows Wireless Driversで
nidiswrapperを起動。

Install New Drivers→Locationでinfファイルの場所を聞かれるので、解凍してお
いたXP用ドライバファイルの中のnet5211.infを指定。
installをクリックしてnet5211が表示されたら閉じる。

端末で
$ sudo ndiswrapper -ma && sudo ndiswrapper -mi

で使えるようになる。

普通に使えるようになりました。

あの苦労はなんだったんだ・・・
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。