枝log

とりあえず始めてみたものの・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UbuntuでF-12Cを認識させる

ブログ放置してる間にNexus Oneを中古で手に入れてCyanogenのNightlyを中心に毎日ROM焼いたりして楽しんでたんですが、端末の性能にはだいたい不満ないものの環境的に問題があったので新しいのを買うことにしました。

正直次はデュアルコア端末のつもりだったんですが、ドコモだとGalaxyS2しか選択肢がない。
デザイン的に好きになれないのとなにより大きすぎる(片手操作がしんどい)のでどうも買う気になれないので、結局選んだのはF-12Cでした。

性能的にはCPUもRAMも一年半以上前にでたNexus Oneとほぼ同じなんですが3.7インチという大きさと防水に惹かれて(年末には時期Nexusが出るらしいのでいじって遊ぶのはそれにしようという算段もあって)これにしました。
というかNexus Oneの基本性能が高すぎたってことですよね(タッチパネル除く)。


ところでAndroid端末をPCに繋いで色々する場合adbで認識しなければ話にならないわけですが、Windowsの場合端末メーカーの配布するドライバをインストールする必要があります。
ドライバ単体で配布してたりUPDATEソフトに同梱して配布してたりメーカーによって色々ですが、某巨大掲示板なんかみてるとドライバインストールできないとかしたけど認識しないとかって話をよく見ます。まぁ大抵初歩的なミスっぽい文面ですけど。

ところがUbuntu(というかLinux)の場合、ドライバのインストールは不要です。

ここに書いてある通りにすればいいだけ。

具体的には/etc/udev/rules.d/51-android.rules.に

SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="****", MODE="0666", GROUP="plugdev" (****はベンダーID)

の一行を追加するだけです。普段周辺機器のドライバで苦労することが多いLinuxの方が簡単なんて滅多にないですよ。


で、まあHT-03aもNexus Oneもそれで繋げてたんですが、買ったばかりのF-12Cは何故か認識しません。
adb devicesしても何も出てこない。もちろんUSBデバッグonにしてないなんてミスはしてません。

ぐぐっても発売されたばかりだし人柱的に人気のある端末じゃないしlinuxだしで情報が無い。

当然富士通のサイト見てもlinux用の手順なんてあるわけないし、ベンダーIDを富士通東芝のにしてみたりしても変化なし。これは情報出てくるまでしばらく待つしかないかなと思っていると「富士通のWin用のUSBドライバ説明書に書いてあることをlinuxでもやる必要がある」という記述を発見。

これが正解でした。

/home/hoge/.android/adb_usb.iniに「0x04C5」を追記。

とりあえずこれでスクリーンショットとったりできます。自作アプリもテストできます。まあテストはN1あるんですけどね。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。