枝log

とりあえず始めてみたものの・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EeePC1000HAにUbuntu8.10 2 インストール

とは書いたものの、昔のようにインストールに四苦八苦というのは
最近あまり聞かなくなりました。

Ubuntuはlinuxの中でもwin代替を意識してGUIで分かりやすいのが
ウリですから、インストーラもGUIで普通にインストールできました。

ただ言うなら、インストール中のパーティション管理の画面は正直
見にくいし、わかりにくい。Gpartedみたいなシンプルな画面でよかった
のに。

インストール後も普通に使えます。
ただcompizが標準で入ることを除けばlennyとあんまり変わりない気も
します。ufwが使えるのはまあ便利ですけど。
無線LAN使わないんでそこがサポートされてるかどうかは不明。

ちなみに一番期待していた仮想解像度+自動スクロールは8.10でする
方法を探してもぜんぜん出てこない。
compizで代用できるからみんなしないんだろうか?

debianでxrandrを使っていたマルチモニタ設定は最初からGUIで
出来ました。winみたいに。簡単すぎて物足りないw
スポンサーサイト

EeePC1000HAにUbuntu8.10 1 ライブUSB作成

お手軽な感じがあんまり好きになれなくて使わなかったUbuntu

vmware上でとはいえ、一応Sargeからdebianを使ってきた身なのであんまり
必要性を感じなかったという理由もありました。

しかしせっかくEeePCを買ったので使ってみることにしてみました。


ところが最初からつまづきます。

UbuntuといえばインストールCDがライブCDを兼ねているのが特徴です。
インストールしなくてもCD起動である程度のことができて、Ubuntuを試せる
し、そのままインストールもできる。

すばらしい。   が、EeePCにはCDドライブはありません。

じゃあUSB起動で。と考えて調べても、出てくる情報の大半は

一度ライブCDを作成して、そのCDからUbuntuを起動し、メニューにある
ライブUSB起動ソフトを使って・・・


光学ドライブがないからUSBからインストールしたいんだっつーの。

いくつかの情報を参考に

とりあえずUbuntu8.10ライブCDのisoファイルをダウンロード
Ubuntu日本コミュニティから)。
1GB以上のUSBメモリを用意。
これもdebianなら128MBのUSBメモリでもインストールUSBメモリが作れるのに。

まずUSBメモリをフォーマットしてそのパーティションにbootフラグを作成。
これはdebianのGParted使えば簡単に・・・いかない。
前々から疑問なんだが、なぜかdebianのGpartedではFATフォーマットができない。
debianポリシーのせいなんだろうか?
ま、ext使えばいいのかもしれませんが、FATでやりたかったので
なるべく「EeePC単体で」という方針を少々曲げて、win機でFAT32フォーマット。

USBメモリをdebianに繋いで、Gpartedでbootフラグをたてる。fdiskでも可。
isoファイルはdebianでダウンロードしたので、そのまま展開できる。ここはwinより便利。

展開したファイル群をUSBメモリのルートにコピー。
その中のisolinuxディレクトリをsyslinuxにリネーム。
リネームしたsyslinuxディレクトリの中のisolinux.cfgをsyslinux.cfgにリネーム。

USBメモリがdebianでsdbだとして、端末上で

# syslinux /dev/sdb1


以上で完成。ちなみにこれはUbuntu8.10での方法。
8.04や7.10だと違う方法で書かれてたりする。

EeePC1000HAにdebianlenny3

解像度問題は未解決のまま。

しょうがないので縦768必要なソフトではalt+ドラッグでウインドウごとずらして
OKだのキャンセルだの戻るだの押してます。

不便なことこの上ないですが。



さすがに長い間10インチの画面はつらいので、モニタのある環境ではVGA
出力でマルチモニタを構成することにする。

方法としてはxrandrコマンド使えばいいようです。

普通に横にモニタ並べてクローン表示(ミラーリング)で使う場合は

$ xrandr --output VGA --same-as LVDS



VGAが外部モニタ、LVDSは内臓モニタ。

で、マルチモニタ(ひとつの大きなデスクトップ画面を複数のモニタに分割して
表示する)の場合は、

まず/etc/X11/xorg.confをバックアップ(xorg.conf.bakで別名保存)したうえで、

Section "Screen"に

SubSection "Display"
Depth 24
Virtual 1024 1368
EndSubSection
を追加。

仮想解像度が1024x1368(=600+768)なのは、外部モニタの手前にEeePCを置いて、
縦長の画面として使うため。
というか外部モニタは1024x768なので、横に並べる場合Virtualの項目を
どう記述すればいいんだろうか?2048x768だと内臓モニタが縦を表示し
きれないし、x600だと外づけ使う意味が無い。

で、
$ xrandr --output VGA --above LVDS


外部モニタを内臓モニタの右に置くときは --right-of LVDS、 左は --left-of
上は --above、 下は --below。

これで外部モニタで縦768が必要なソフト使いつつ、内臓モニタでブラウザ
表示したりできる。
ま、職場のモニタなんでなかなか使える機会はないんですが。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。